信楽焼の睡蓮鉢は今年は藻が発生しないのはなぜ?

毎年、春から夏にかけてメダカを飼っている睡蓮鉢や火鉢に大量発生する青い藻に悩まされています。

この藻にメダカが引っかかって動きが取れなくなり時に死んでしまったりします。

この藻が発生すると、割り箸でつまんで除去していますが、暖かくなると藻が増えるスピードもアップしてきます。

ところが、今年は写真の信楽焼の睡蓮鉢にはその藻がほとんど発生していません。

確か昨年は発生していたように思います。

昨年と同じように姫スイレンホテイアオイオオカナダモが入っていて、メダカの数も10数匹です。

もう一つの睡蓮鉢には、今年もしっかり藻が発生しています。

この睡蓮鉢は、何かバランスが保たれて藻が発生しにくくなっているのでしょうか。

この仕組みが分かれば他の睡蓮鉢や火鉢も同様にしたいと思っています。

いろいろと試してみようと思います。

f:id:tadashi-fukushima-1213:20180617160824j:image

メダカの稚魚(赤ちゃん)のえさ

今年もメダカの稚魚(赤ちゃん)が生まれました。

メダカの稚魚はとても小さいので親メダカと同じえさは食べることができません。

私が数年前にメダカを飼いはじめた頃は、ゆで卵の卵黄を粉にして与えていました。

しかし、毎日のえさやりの度にこれを準備するのは大変です。

また、水の汚れも気になります。

そこで、数年前からは市販のメダカの赤ちゃんのえさを与えています。

今は、キョーリンのちびっこメダカのエサを与えています。

 


 

これは、粉がとても細かいので手に軽くつけて、水の上でぱらぱらと手をこすると少々のエサを与えることができます。

赤ちゃんメダカも、水面に浮かんできてこのエサをよく食べています。

粉状で細かいので少し多めかなと思ってもそれほど水を汚すことは無いようです。

めだかはエサが少ないと共食いをし始めるので毎日適度にしっかりとエサやりをするように気をつけています。

今年もメダカの稚魚が生まれました

先日購入したホテイアオイ(ホテイ草)を親メダカのいる3つの睡蓮鉢や火鉢に入れていました。

約1週間後にホテイアオイを、空いていた火鉢に入れました。

そして、本日みると、今年もメダカの赤ちゃんが生まれていました。

とても小さいですが、元気よく泳いでいます。

10匹弱いるようです。

まだもう少しすると孵化するように思います。

来週ぐらいには、もう一度ホテイアオイを親メダカの火鉢やスイレン鉢にもどしてもう一回卵からの孵化ができたらと思います。

 

f:id:tadashi-fukushima-1213:20180609194754j:image

ホテイアオイを買いました

今年もホテイアオイ(ホテイ草)を買いました。

毎年、春に購入し、夏から秋に生長するホテイアオイも冬の寒さには耐えられず冬には枯れてしまいます。

今年も、睡蓮鉢と火鉢に入れるため、3つ購入しました。

睡蓮鉢と火鉢は合計4つありますが、1つは稚魚用に空けています。

スーパーで購入するホテイアオイは株も小さく少し元気が無い状態でしたが、少しすると元気良くなるかなと思います。

このホテイアオイの根にメダカが卵を産んだものをつけるので、一週間から10日後ぐらいを目安にホテイアオイを稚魚用の火鉢に移そうと思います。

f:id:tadashi-fukushima-1213:20180527181614j:image

姫スイレンの花が咲きました

今年も姫スイレンの花が咲きました。

濃いピンクと紫の混ざったような色です。

f:id:tadashi-fukushima-1213:20180526183511j:image

先週の日曜日につぼみが水面に出てきて約一週間で開花しました。

例年、5月下旬に咲いていますので今年も予定通りの時期です。

この花とその脇でメダカが泳いでいるのを見ると癒やされます。

信楽焼の睡蓮鉢、めだか、姫スイレン、最高の組み合わせと思います。

姫スイレンのつぼみが水面に出てきました

暖かくなり、信楽焼の睡蓮鉢の姫スイレンの葉も多く出てきました。

そして、姫スイレンのつぼみが水面に出てきました。

f:id:tadashi-fukushima-1213:20180526195232j:image

例年、5月下旬に花を咲かせていますのでそろそろとなってきました。

また、メダカも水温が高くなりとても活発に泳いでいます。

えさもしっかり食べます。

写真はえさをやった直後ですが、このくらいの量でもこの睡蓮鉢の中のメダカ10数匹であっという間に食べてしまいます。

もう一週間ぐらいのうちに姫スイレンの花を見ることができそうです。

信楽焼の睡蓮鉢で姫睡蓮の葉がたくさん出てきました

 

信楽焼の睡蓮鉢で姫睡蓮の葉がたくさん出てきました。

f:id:tadashi-fukushima-1213:20180506141128j:image

数年前に購入してこの睡蓮鉢に入れている姫睡蓮です。

冬を越すのは全く問題ないようで、冬の間は葉も少なくなりますが、春になり安宅核なり、そして鉢の中に日光が入るようになると葉がたくさん出てくるようです。

例年、5月下旬に咲いています。

あと三週間ぐらいで開花の見込みです。

睡蓮鉢と、メダカと、姫スイレン、絶妙の組み合わせだと思います。

開花が楽しみです。